ランチェスター

ランチェスター経営戦略について

ランチェスターの戦略とは戦争時に使われた理論ですが、その法則から、現代の企業が生き抜くために必要な法則「ランチェスター経営戦略論」が生まれました。

 

F・W・ランチェスターと言う人物が第一次世界大戦で飛行機がどのようにダメージを受けたかを調査して考え出された法則がランチェスターの法則と言われています。

 

飛行機が被害を受けた量から戦争の中で、統計学や、数学的に戦略理論を表しました。
それ以前の戦争理論は精神論や、哲学と言う定義されていました。

ランチェスターの法則は簡単に言えば、「持っている武器や性能が同じ場合、兵力の数の多い方が必ず勝つ」と言う法則になります。

 

これを経営学に応用すると現代の社会には商品やサービスで差をつけることが難しくなっている会社の多い中、勝ち残る為に活用されていることができる経営理論となるのです。

 

ランチェスター法則には大きく分けて2つ有り、第一の法則として、一騎打ちの法則、弱者の戦略、次に第二の法則、集中効果の法則、強者の戦略とがありますので、これを使って戦略が導き出されるということになるのです。

 

それでは、ランチェスター経営戦略について見てみましょう。